キャンペーン・特徴

契約前に知っておくべきBroad WiMAXのキャンペーンとメリット

この記事ではBroad WiMAXのキャンペーンと他社プロバイダのキャンペーンの比較とメリットや注意点を紹介しています。

他社プロバイダのキャンペーンも紹介しているのでBroad WiMAXか他社プロバイダのキャンペーンのどっちが自分にあっているかの参考にしてください。

 

キャッシュバックのように派手なキャンペーンはありませんが、、契約後に光回線にしたくなったときの不安を

この記事の目次

Broad WiMAXのキャンペーン紹介

ここからBroad WiMAXの4つのキャンペーンについて詳しく解説していきます。

  • 他社の解約金負担キャンペーン
  • 光回線への切り替えキャンペーン
  • 初期費用0円キャンペーン
  • Amazonギフト券プレゼント

キャンペーンの申込方法や適用条件、注意するべきことを書いていくので、使いたいキャンペーンがあるならチェックして確実にキャンペーンを使ってください。

Broad WiMAXが他社の解約金負担キャンペーン

昔に比べて外出先で映画を視聴したり、音楽をダウンロードしたり、お気に入りのyoutuberの動画をみたりで消費する通信量が増えたため、WiMAXを持ち歩いて通信量を気にせずに使う人が増えました。

こんな人におすすめ
  1. 毎月のポケットWi-Fi代を安くしたい
  2. 新しい機種にしたい

WiMAXの料金はプロバイダごとに違うので、たくさん使いたいけど月額料金が安い会社がいい!今の会社は高いから乗り換えたい!というお客さんはたくさんいます。

そこでBroad WiMAXがやっている他社の解約金負担キャンペーンがおすすめです。

解約金の上限19,000円までBroad WiMAXが負担するので、ダメージなく乗り換えでき、毎月のWiMAX代を3,000円台にすることができる嬉しいキャンペーンとなっています!

詳細ページ公式ページ

他社WiMAXの解約金負担キャンペーンの申込手順

Broad WiMAXに他社WiMAXの解約金を負担してもらうには申込が必要ですが、特に難しくありません。

申込方法
  1. Broad WiMAXを契約する
  2. 他社WiMAXを解約する
  3. 解約金がわかる書類を「info@wimax-broad.jp」に送る
  4. キャッシュバックされる

申込で①と②の順番が逆になってもOKですが、他社WiMAXを解約したあとにBroad WiMAXを申込みをすると、万が一審査に落ちたらポケットWi-Fiが手元にない状態になってしまいます。

ですので、心配な方はまずBroad WiMAXに申し込みをして審査OKがでたら今使っているWiMAXを解約しましょう。

あとは解約金がちゃんと発生したことがわかる書類を「info@wimax-broad.jp」に送って、OKであればキャッシュバックされます。

この時に提出する書類で必要な項目は

  • 他社WiMAXの会社名
  • 解約した月
  • 解約金

このあたりの情報が記載されているのが望ましいので、他社WiMAXを解約するとくに確認をしましょう!

他社WiMAXの解約金負担キャンペーンの注意点

他社WiMAXの違約金をBroad WiMAXに負担してもらう手順は簡単ですが、いくつか注意するべきことがあるので確認してください。

乗り換えキャンペーンの注意点
  1. 他社はWiMAX限定(LTE回線は対象外)
  2. 違約金相当部分のみキャッシュバック対象
  3. キャッシュバックの上限は19,000円(税抜き)
  4. 他社とBroadWiMAXの契約者は同一
  5. 初期契約解除した場合は無効

よくYahoo!やYmobile、SoftbankのポケットWi-Fiを使っている人がいますが、それらはLTE回線となっているので、このキャンペーン対象外です。わからない場合は解約前に調べましょう!

今回Broad WiMAXがキャッシュバックするのは「違約金相当部分のみ」となっていて、解約するときにキャンペーン適用にる解除料が別途かかってもその金額は対象外です。解約する際にこちらも確認必須です。

そして解約金のキャッシュバックは、19,000円(税抜き)が上限になっているので、GMOとくとくBBのように24,800円かかる場合でも、19,000円のみなので注意しましょう。

ここからはBroad WiMAX契約後に注意するべきことです。

Broad WiMAXを契約する人と他社WiMAXの契約者は同一でなければいけないので、親や友人名義の場合は不可。

Broad WiMAXを契約して8日以内にキャンセル(初期契約解除)した場合は、当たり前ですがキャンペーン対象外になります。最低1ヵ月以上の利用が必要です。

この5つの注意点を確認しておけば、BroadWiMAXを契約したのにキャッシュバックを貰えなかったということは避けれるでしょう!

毎月の通信費を安くしたい人におすすめ

今回紹介した、他社WiMAXの解約金をキャッシュバックするキャンペーンをやっているのはBroad WiMAXだけです。

しかもBroadWiMAXは月額の料金が業界最安級となっています。

  • 毎月の通信費を抑えたい
  • 新しい機種に変えたい
  • 面倒な手続きなしにお得に使いたい

今のWiMAXが毎月5,000円ならBroad WiMAXに乗り換えるだけで、3,411円に抑えることができます。

毎月1,500円、年間にすれば約2万円も通信費の節約になるので、簡単・手軽に通信費を抑えたい人はぜひ使ってください!

詳細ページ公式ページ

光回線へ解約金なしで乗り換えできる「ご満足保証」

ポケットWi-Fiを契約するときに「光回線」のほうがいいかも?と悩む人が多いんですが、そんな悩みを解消するキャンペーンをBroad WiMAXはやっています。

Broad WiMAXなら「光回線にしたい!」となったときに、解約金なしで光回線に切り替えることができるんです!

詳細ページ公式ページ

光回線へ乗り換えできるご満足保証キャンペーンの申込方法

BroadWiMAXから光回線に切り替えるなら、解約金を免除してくれるご満足保証キャンぺーんの申込はとても簡単です。

ご満足保証の申込手順
  1. BroadWiMAXに電話
  2. 光回線の案内を受ける、申し込む
  3. 光回線が開通したらポケットWi-Fiを解約

いたってやることはシンプルで、まず光回線に乗り換えたいことをBroadWiMAXに電話で伝えます。

BroadWiMAXが提携している光回線を紹介してもらい、そこで自分が気に入ったところに申込。光回線の工事、開通が完了してからBroad WiMAXを解約することで、解約金がゼロ円になります。

家電量販店などで光回線を申し込む流れと変わらないので難しくありません!

光回線へ乗り換えできるご満足保証キャンペーンの注意点

Broad WiMAXから光回線に切り替えるときに注意するべきことがいくつかあります。

光回線への切り替えでの注意点
  1. 1年以内に利用していない
  2. 光回線をエリアキャンセル、初期契約解除した場合は適用外
  3. 違約金のみ免除
  4. 光回線側での工事料や事務手数料はかかる
  5. 光回線開通前にBroadWiMAXを解約した場合は、一旦負担する必要あり。
  6. 切り替え完了後にBroadWiMAXに戻せない

ご満足保証キャンペーンを1年以内に適用したことがある人は対象外となっているので、適用したことがある人は事前確認しましょう。

Broad WiMAXから光回線に切り替えが終わったあとに、光回線をキャンセル(初期契約解除)やエリア外で開通不可だった場合は、解約金免除対象外。理由関係なく、開通する必要があります。

BroadWiMAX側でかかる「違約金部分のみ」免除対象となっているので、キャンペーン等で別途違約金がかかってもそれらは対象外、解約時に確認必須です。

BroadWiMAX側の違約金は免除されますが、当たり前ですが、光回線側でキャンペーンがない以外は事務手数料や工事料はかかります。

光回線が開通したあと、BroadWiMAXの解約をする必要です。自動で解約されることはないので注意しましょう!

光回線が開通して、BroadWiMAXを解約したあとに「やっぱり元の契約状態に戻してほしい」ということはできません。

家でよくインターネットを使う人のおすすめ

他社WiMAXの解約金をキャッシュバックするキャンペーンと同様に、光回線への切り替えで解約金を免除するキャンペーンをやっているのも、BroadWiMAXだけです。

  • 自宅での通信速度が遅い
  • 外でインターネットをする機会が減った
  • ポケットWi-Fiの電波が弱い地域に引っ越した
  • 速度制限が嫌だ
  • もし契約してから固定回線にしたいくなったら?

WiMAXの解約金は12か月以内だと19,800円が相場で、GMOとくとくBBは24,800円です。固定回線に乗り換えようと思ったときにこの解約金は大きな負担ですね。

しかしBroadWiMAXならそんな解約金のことを考える必要がありません!

今BroadWiMAXを使っていて不満がある、固定回線とポケットWi-Fiのどっちがいいか迷っているなら、免除キャンペーンがあるBroadWiMAXがおすすめです!

詳細ページ公式ページ

web限定!初期費用0円キャンペーン

Broad WiMAXを契約する場合、初期費用として18,857円かかりますが、クレジットカード払いやオプション加入することによって0円になるキャンペーンをやっています。

インターネット環境を整えようとするときに、事務手数料や工事費、諸経費がかかっって負担が大きいこともありますが、Broad WiMAXなら高額な初期費用が掛かることはありません!

詳細ページ公式ページ

初期費用0円キャンペーンの申込方法

初期費用18,857円が0円になるキャンペーンを適用させるにはいくつかの条件があります。

初期費用0円キャンペーン条件
  1. ギガ放題プランかライトプランに加入
  2. クレジットカード払い
  3. 安心サポートプラスとMyBroadサポートに加入

初期費用を0円にするのに難しい条件はなく、選択できる料金プラン(ギガ放題かライト)から選んで、支払いをクレジットカードにして、初月だけオプションに2つ加入するだけです。

web申込のときに、キャンペーンが適用できていないと「初期費用18,857円」と表示されます。条件を満たすと「0円」になるので、クレカ払・オプション加入されているか確認してください。

初期費用0円キャンペーンの注意点

18,857円の初期費用を無料にするにはいくつか注意点があるので紹介します。

初期費用0円キャンペーンの注意点
  1. 口座振替は対象外
  2. 安心サポートプラスの1か月の料金かかる
  3. 2年以内に解約すると違約金9,500円

まず初期費用18,857円を0円にするには支払方法をクレジットカードにする必要があります。銀行から引き落とす口座振替は対象外なので、クレカを持っていない方はBroadWiMAXは諦めたほうがいいでしょう。

安心サポートプラス(保障)とMyBroadサポート(設定)のオプションに加入する必要がありますが、端末故障のときに使う安心サポートプラスは無料期間がないので1か月分の500円は掛かります。

MyBroadサポートは2か月無料なので必要なければ端末到着後にすぐに解約しましょう。

最後に、初期費用を0円にするキャンペーンを適用して2年以内にBroadWiMAXを解約した場合、9,500円の違約金が発生するので、短期間で解約予定の人は知っておきましょう。

Amazonギフト券のキャッシュバック

Broad WiMAXはキャッシュバックをしない代わりに、月額料金を安く抑えているプロバイダです。

しかし期間限定でAmazonギフト券でキャッシュバックをしているときがあります。

普段はAmazonギフト券や現金キャッシュバックのキャンペーンは行っていないので、契約するか迷っているなら申込をするのがおすすめですが、金額は1万円や5千円と時期によって違うので注意しましょう。

今回紹介する申込手順と注意点は以前Amazonギフト券5千円キャッシュバックしていた際の情報なので、次回キャンペーンを実施していても同じではない可能性があるのでご了承ください。

詳細ページ公式ページ

Amazonギフト券のキャンペーンの申込方法

 

Amazonギフト券のキャンペーンの注意点

 

最新機種が0円!機種変更キャンペーン

BroadWiMAXを20ヵ月以上ご利用中の人であれば、最新機種に無料で機種変更できるキャンぺーンをやっています。

通常WiMAXの機種を購入しようとすると2万円前後はかかりますが、その端末代金が0円になるのでBroadWiMAXを長く使い続けたい人、今の機種が古い、買い換えたい人にとっては嬉しいキャンペーンです。

詳細ページ公式ページ

最新機種が0円!機種変更キャンペーンの申込方法

機種変更するのに特別な申し込みは必要なく、新規契約と同じように機種や色、オプションを選択していくだけです。

最新機種が0円!機種変更キャンペーンの注意点

申込はめちゃくちゃ簡単でしたが注意することはあるので、しっかり確認してください。

機種変更キャンペーンの注意点
  1. 20か月以上利用している
  2. 契約期間はリセットされる
  3. 事務手数料3,000円はかかる

まずBroad WiMAXを20か月以上使っていないとキャンペーン対象外となっています。

新しい機種に無料で機種変更できますが、契約事務手数料3,000円は必要です。あわせて20か月で機種変更した場合、経過していた契約期間は0か月に戻ります。

ですので、36ヶ月目で解約を考えていた人は機種変更しないほうがいいかもしれません!

他社プロバイダの「GMOとくとくBB」と「UQ WiMAX」のキャンペーン

 

GMOとくとくBBはキャッシュバックキャンペーンが魅力

GMOとくとくBBはWiMAXプロバイダの中でも人気があるんですが、その理由は高額キャッシュバックのキャンペーンです。

  • 高額キャッシュバック

最新機種W05で3年契約であれば41,000円、2年契約で31,500円、WX04の3年契約で40,500円のキャッシュバックをしています。

GMOとくとくBBはプランや契約年数によって違いますが、最大4万円キャッシュバックするキャンペーンを年間を通じて行っているのが他社プロバイダと大きな違いです。

GMOとくとくBBは月額料金がBroad WiMAXに比べて割高ですが、キャッシュバックを加味して実質で考えればお得に使えるので人気がありますが、キャッシュバックを受け取れないリスクもあるので注意が必要です。

UQ WiMAXはお得なキャンぺーンなし

WiMAXの本家UQのキャンペーンは他社プロバイダと比べると弱いキャンペーン内容となっています。

2018年4月から始まったキャッシュバックキャンペーンですが

  • W05:キャッシュバックなし
  • WX04:5,000円
  • L01s:10,000円

最新機種のW05ではキャッシュバックなし、WX04だと5,000円、コンセントに繋いで使うL01sなら10,000円のキャッシュバックとなっていてお得ではありません。

Broad WiMAXのように他社の解約金を負担したり、光回線への乗り換えで解約金免除など目立った内容でなく比較したときに見劣りしますし、GMOとくとくBBみたいに4万円といった高額キャッシュバックでもない。

キャンペーン内容でUQWiMAXと他社プロバイダと比較するとUQWiMAXは負けている結果となりました。

他社プロバイダと比べてBroad WiMAXはキャンペーンが豊富!

Broad WiMAXとGMOとくとくBBとUQWiMAXのキャンペーンを比較した結果、Broad WiMAXはキャンペーンのバリエーションでおすすめです。

  • 月額料金が安い
  • 他社の解約金負担でお得に乗り換えできる
  • 光回線へ変更したくなっても解約金免除で安心

GMOとくとくBBはキャッシュバックが魅力ですが、1年後に手続きが必要で忘れて損をするリスクがありますが、Broad WiMAXは手続きなしで毎月の料金が安いので確実にお得に使えます。

他社WiMAXからならBroad WIMAXが解約金を払ってくれるので負担なく月額料金を安くすることができますし、万が一固定回線へ切り替えたくなったときも解約金なしでいけるので安心です。

キャッシュバックのように派手なキャンペーンはありませんが、、契約後に光回線にしたくなったときの不安を

Broad WiMAXのメリット・特徴

ここでは他社プロバイダを使った経験がある私がBroad WiMAXのメリット・特徴と感じた部分を紹介していきます。

  • 当日受け取り可能
  • 8日以内キャンセルOK
  • サポートサイトが分かりやすい
  • 20カ月以上使うと最新機種に無料で交換
  • 月額料金が2,726円~で安い

主にこの5つが他社プロバイダよりもBroad WiMAXの方が優れていると感じるメリットと特徴です。それぞれ詳しく書いていきます。

業界最安級!月額料金が2,726円~で安い

 

 

詳細ページ公式ページ

当日から使える!店舗受け取りサービス

BroadWiMAXなら契約完了後に渋谷、秋葉原、大宮、梅田にある店舗でその日のうちに受け取れるサービスがあるのをご存知でしょうか。

受け取り店舗の近くにすんでいるなら配達を待たずに使い始めることができるので、利用できる人は使わない手はないでしょう!

詳細ページ公式ページ

店舗受取の申込方法

BroadWiMAXを店舗で受け取るには申込が必要ですが、難しくないので安心してください。

店舗で受け取るための申込
  1. 申込フォームで「店舗受取を希望する」にチェック
  2. 申込完了後、「お渡し準備完了メール」がくる
  3. お渡し準備完メールにある受取りIDを店舗で提示

BroadWiMAXをwebから申込をしていくと店舗希望「する・しない」を選べる項目がでてきます。

店舗は渋谷、秋葉原、大宮、梅田にあるので、近くの人で早く使い始めたい人は「希望する」にチェックをいれて申込みをすればOKです。

審査が通ったら契約完了のメールがきて、お店での準備が終わったら「お渡し準備完了メール」がくるので、そうするとお店での受け取りが可能になります。

そして、店舗に行って「お渡し準備完了メール」に記載されている受け取りIDをスタッフさんに見せたら端末を受け取れます。

店舗受取の注意点

店舗受取の申込は「希望する」にするだけでいいですが、受け取り時間など注意するべきことがあるので紹介します。

店舗受取の注意点
  1. 支払方法をクレジットカードに設定(口座は電話で相談)
  2. 口座振替希望で受取可能なのは、秋葉原センターのみ
  3. 店舗によって10:00~19:00(平日・土曜受付/日祝休み)受取可能時間がある
  4. 受付時間以降に申込した場合は翌日以降
  5. 受取IDの提示必須
  6. 申込から5日間来店がないと自宅に配送
  7. PC,タブレットセットでの申込者は店舗受取不可

店舗受取を希望する場合、クレジットカード払いの必要があります。口座振替でも秋葉原なら対応していますが、初期費用18,857円が必要になるのでクレジットカードで設定しましょう。

店舗によって営業時間が違うので、指定した受け取り店舗の営業時間を確認してから行きましょう!webでの申込が営業時間外だったときは、翌日以降の受け取りになります。

お店側の準備が完了すると「お渡し準備完了メール」がきますが、そのメールに記載されてりる受取IDが必須です。提示できない場合は本人か確認できず受け取れない場合があるので、注意しましょう。

店舗受取にして5日以上経つとお店では受け取れなくなり、自宅への配送になるのでなるべく早くお店に行きましょう。

あまり申込者はいませんが、BroadWiMAXと同時にパソコンやタブレットをセットで申し込んだ場合は、店舗受取できませんので注意です。

サポートサイトで手続きが簡単にできる!

サービスに申し込んだあとに、住所変更やオプション解約の手続きをしようとしたら「どこからやったらいいの?」と分かりにくい公式サイトは多いです。

しかしBroadWiMAXは他社と比べてオプション変更や住所変更、解約といった手続きを簡単にすることができます!

住所変更やオプション解約

BroadWiMAXは契約者専用のサポートサイトがあって、住所変更やオプション解約をいつでもできるようになっています。

「オプションに加入したけど必要ないから解約したい」

わざわざ電話をしないと解約できない会社もありますが、BroadWiMAXならオペレーターと話す、電話で待つ必要はありません!

詳細ページ公式ページ

5分でできる!web解約

BroadWiMAXは新規契約やオプションの解約、住所変更がwebから簡単にできるんですが、解約もサポートサイトから5分でやることができちゃいます。

他のWiMAXプロバイダだと電話しないとダメ、解約するのに手間がかかることが多いんですが、BroadWiMAXなら簡単に解約することができるのがメリットで安心!

詳しい解約方法は別で解説しているので、知りたい方はどうぞ

詳細ページ公式ページ

8日以内ならキャンセルOK!

BroadWiMAXを契約したけど「電波が弱い」「速度が遅い」「やっぱりポケットWi-Fiじゃない」となったら解約を考えると思いますが、解約だと解約金がかかるから嫌だ!という人は多いです。

お店で説明を受けて契約したのでクーリングオフの対象外と販売員から言われて泣く泣く解約金を払った人もいると思いますが、そういったケースが多かったため法改正されました。

端末到着日から8日以内であれば解約金を払わずにキャンセル可能の「初期契約解除」。今回は契約後に「やっぱり契約を解消したい!」という人を救う制度を紹介します。

詳細ページ公式ページ

8日以内キャンセル(初期契約解除)の申込方法

 

8日以内キャンセル(初期契約解除)の注意点

 

auの4GLTEエリアを無料で使える!

BroadWiMAXはWiMAX2+エリア以外にも、auの4GLTEエリアも使うことができます。

その為、WiMAX2+のエリアが圏外で困った時は、auの4GLTEエリアを使うことでWi-Fi環境を維持することができます。

実際に地下鉄でWiMAX2+が圏外になったので、ハイスピードプラスエリアに切り替えて電波が復活する動画です。

auのLTE回線を使うには本当は1,004円の利用料が発生しますが、BroadWiMAXであれば無料となっています。いざというときに助かりますよ!

auの4GLTEエリアの切り替え方法

auの4GLTEエリアを使うにはハイスピードプラスエリアに切り替えなければいけませんが、とても簡単です。

今回はWX04でのやり方を紹介しますが、他の機種もほとんど変わらないので試してみてください!

まず本体のメニューの中にある「通信モード」を探しましょう。

通信モードにはいると、通常のWiMAX2+エリアのみに接続できる「ハイスピード」にチェックが入っているので、「ハイスピードプラスエリア」をタップしましょう。

そうすると「追加料金が発生する可能性があります」という注意がでますが、Broad WiMAXのギガ放題やライトプランを使っている人なら無料で使えるので気にしないでOKです。

ハイスピードプラスエリアに切り替えている少しの間は通信が切れます。HS+Aの表示になればWiMAX2+エリアが圏外でもau4GLTEの電波が入るようになりました!

auの4GLTEエリアを使うときの注意点

全国の隅々までカバーしているauのLTE回線を使えるのは便利ですが、いくつか注意しなければいけないことがあります。

auの4GLTE回線を使う注意点
  1. ギガ放題プランでも通信量7GB上限あり
  2. 速度制限になると携帯と同じ制限

BroadWiMAXを契約する人の9割以上が「無制限」のギガ放題なんですが、ハイスピードプラスエリアを使った場合、ギガ放題であっても7GB以上使うと速度制限されます。

ハイスピード(WiMAX2+)の通信モードであれば無制限、ハイスピードプラスエリアを使っている間は7GBとなるので注意しましょう。

しかも万が一ハイスピードプラスエリアで7GB以上使って速度制限になると、WiMAXの速度制限内容ではなく、携帯会社と同じ制限内容になってしまいます。

SNSや動画視聴、検索ができなくなるので、緊急のときだけ使うようにしましょう!

実測値や速度制限公式ページ

Broad WiMAXのキャンペーンの口コミと評判

詳細ページ公式ページ