よくある質問

【超簡単!】BroadWiMAXの契約~受け取りまでの流れと注意点

BroadWiMAXは、ドコモやSoftbank、楽天モバイル、UQWiMAXのように販売員と対面しながら契約する必要がない、web申込のみとなっています。

web申込に慣れていれば違和感ありませんが、初めての人は不安なことが多いと思います。

  • 簡単に申込みできる?
  • 時間かかるの?
  • 機種はどうやって受け取るの?
  • いつから使えるようになるの
  • ハンコやサインは?

今回はweb契約をしたことがない人でもわかるように、BroadWiMAXの契約手順と機種を使い始めるまでにやることを紹介します!

BroadWiMAXは初月日割!契約日が月初、月末でも料金の違いなし

 

契約前に用意する物

Broad WiMAXをwebで申込するのに用意するものは「クレジットカード」のみです。

店頭での申込のときに必要になる、免許証や保険証、住民票といった本人確認書類はいりませんが、そのかわりに審査を通過しないと所持できないクレジットカードが必須です。

  • クレジットカードを作る際の審査が通った=信用できる

ということで免許証などの提出が不要なので、口座振替で契約するなら免許証や保険証をBroad WiMAXに郵送する必要があります。

BroadWiMAXの契約手順(個人)

web申込はスマホから10分もあれば完了するほど簡単です。

まずBroad WiMAXの公式サイトの「お申し込みをする」をクリックします。スマートフォンの場合は画面上部、パソコンなら左側にある赤いボタンです。

自分でプランや機種を選んでいくんですが、選ぶと画面が進んでいくので迷子になったりすることはないので、機械の操作が苦手な人でも大丈夫!

まずは機種を選ぼう!

まず機種を選ぶんですが、Broad WiMAXは最新機種しか取り扱いをしないので、間違って古い機種を買ってしまうことはないので安心してください。

Broad WiMAX以外のプロバイダだと「昔の機種だから」キャッシュバックが多かったりするため、間違って選んでしまう人もいるので注意してください。

カラー・クレードル・充電器を選択

機種が決まったら、次は色や充電器などの付属品の有無を選んでいきます。

付属品はクレードル(3,686円)と充電器(1,800円)ですが、クレードルに関しては初めて聞く人もいると思うので説明します。

クレードルは置き型スタンド&充電器

端末をクレードルに置くと充電できたり、クレードルに有線のLANケーブルをつなげることで、無線LAN機能がないパソコンもネットに繋ぐことができるようになります。

クレードルが必要な人は

  • 無線に対応していない機器を繋ぐ人
  • スタンドで充電したい人です。

クレードルがあることでLANケーブルでインターネットに繋げますが、最近のノートパソコンは、有線LANの差込口がなく無線LANのみが増えているので必要ない人が多いと思います。

そのため充電するときに端末にケーブルを差したくない人は、クレードルを購入するといいでしょう。

続いて充電器ですが、今販売されている最新のWiMAXは「TypeC(タイプC)」といわれる充電ケーブルが必要になります。

iPhoneは2018年時点ではライトニングケーブルですが、androidの最新機種やゲーム機でタイプCのケーブルが採用されています。

Broad WiMAX公式サイトで購入すると1,800円ですが、Amazonや楽天で1,000円前後で販売されていたり、家電量販店でも取り扱いがあるのでそちらで購入したほうがお得です。

料金プランは無制限のギガ放題プランがおすすめ!

料金プランは、月間データ量が無制限の「ギガ放題プラン」と月間7GB制限ありの「ライトプラン」から選ぶことができます。

毎月の通信量を気にしないで使いたいのなら、ギガ放題月額最安プランを選びましょう!

月間7GBの上限があるライトプランは月額2,726円、上限なしのギガ放題プランは3,411円で800円ほどしか差額がないので、ギガ放題プランがおすすめとなっています。

BroadWiMAXの契約期間は「3年」のみ、2年プランの新規申込不可

 

支払方法の選択(クレジットカード推奨)

支払方法はクレジットカードか口座振替から選ぶことができますが、実質クレジットカードのみです。

Broad WiMAXに限った話ではないですが、web申込の場合は免許証などの本人確認書類の提出が必要ないかわりに、信用情報があるクレジットカード必須となっています。

支払方法を口座振替にしたい人はキャンペーン適用外のため高い

Broad WiMAXは口座振替でも申込みはできますが、初期費用18,875円が無料になるキャンペーン対象外になるので、口座の人は諦めるかクレジットカードを作って出直しましょう!

broadwimax visaデビットカード、請求書

 

オプションの選択

Broad WiMAXには3つのオプションが用意されていますが、初期費用18,857円を0円にするには「安心サポートプラス」と「My Broadサポート」に加入する必要があります。

安心サポートプラス

機種を使っていて壊れてしまった、水に濡れて使えなくなったときに、無料で修理が行えるサービスです。

ただし紛失や盗難・部分破損・故意での故障は対象外となっています。

WiMAXを契約する人は、スマートフォンと一緒に持ち歩く人が多いです。しかし端末代金が0円のため解約して新規で買い直す人が多く保障に加入し続ける人は少ない。

加入月は550円の料金がかかるので、不要なら月が変わる前に解約しましょう!

My Broadサポート

パソコンやスマートフォンでわからないことがあったときに、電話や遠隔操作で365日サポートしてくれます。さらにメールやインターネットセキュリティも使える。

My Broadサポートは設定が苦手、セキュリティソフトを使いたい人におすすめですが、WiMAXと機器の接続は難しくないですし、セキュリティソフトに関しても市販で十分です。

2か月間は無料なので、必要でなければ忘れないうちに解約しましょう!

初期費用18,875円はオプション加入で0円

「安心サポートプラス」と「My Broadサポート」に加入して、初回のみお支払い額が事務手数料の3,000円のみになっていればOKです。

機種、料金プラン、付属品、オプションを選んだら、あともう少しですよ!

個人情報の入力

名前、生年月日、住所、連絡先などの個人情報を入力していきます。

あまり気にするところはありませんが、契約住所と配送先住所を変えることができるので、引越しして住所変更できていない場合でも大丈夫です。

メールアドレスには、契約IDやパスワードが記載されたメールが届くの普段から使っているものを登録しましょう。

クレジットカード情報と店舗受け取りの選択

WiMAXプロバイダでBroad WiMAXだけですが、渋谷・秋葉原・大宮・梅田に配達ではなく受け取りできる店舗があるので、近い人は取りに行けばその日から使うことができます。

平日は家にいない時間が多い人で店舗が近くにあるなら、「店舗受取希望する」にするのがおすすめです!

broadwimaxの締め日と引き落とし日

 

BroadWiMAXの申込完了!メール確認

個人情報の入力を確定すると「お申し込みありがとうございます」とBroad WiMAXからメールが届きます。

機種、色、料金プラン、オプション、初期費用などの申込内容に間違いがないか確認しましょう。間違いがある場合は電話かメールで問い合わせをして修正します。

ちなみに私は初めて申し込んだときに「機種」を選び間違えていたので、電話をしたらすぐに変更してくれました。審査や発送が終わっていると変更できない可能性があるので注意。

あとは審査完了&端末発送のメールを待つだけです。

審査OK、発送が完了したらメールが来る

BroadWiMAXから「端末発送のお知らせ」というメールがきたら無事に審査OKだったということです。あとは端末を受け取るのみ。

BroadWiMAXを法人名義で契約する手順

 

法人様専用フォームより必要な情報をご入力ください。
専門オペレーターよりご希望日時にご連絡し、質問にお答えしながら、ご契約の説明を致します。

 

お電話でのご契約完了後、担当者様の会社名が記載された名刺または社員証と、運転免許証または健康保険証を、FAXもしくはメールでご提出いただきます。※ご契約内容により必要書類は異なります。詳しくはお電話でご説明いたします。契約台数が2台以上の複数台の場合、簡易審査をさせていただきます。審査結果に応じて、その後のご案内内容が異なりますのでご注意ください。

 

ご契約内容と必要書類に問題がなければ、ご希望日時に端末を配送致します。 また、店舗受取も可能です。詳細はこちらをご確認下さい。

 

Broad WiMAXでは法人登記していない「個人事業主・団体・組合」の方でも法人様同様のキャンペーン適用でお申込がいただけます。

BroadWiMAXは店舗受取センターなら当日、即日配送なら翌日か翌々日に届く

web申込完了後の審査を通過して、Broad WiMAX側の端末の発送準備が整うと順次、佐川急便で発送されます。

その日に受け取りたいなら、店舗受取センターの秋葉原・渋谷・大宮・梅田へ

店舗受取を希望している人であれば、秋葉原・渋谷・大宮・梅田のいずれかの店舗にいくことで当日に受け取ることができますが、店舗の受付時間を確認してからいきましょう!

自宅などへの配送であれば、13時までの受付分は当日発送、13時以降は翌日の発送となります。

日曜や祝日の配送はやっていませんし、審査や在庫状況によって即日配送できないこともあるので注意。

Broad WiMAXから端末が届いたあとの設定

端末を受け取ることができたらSIMカードを挿入して開通させる必要があります。誰でもできる簡単な作業なのでサクッとやってしまいましょう!

WiMAX本体にSIMカードを挿入

まずは本体に同梱されているSIMカードをWiMAX端末に挿入していきますが、端末によってサイドにあったり電池パックのところにあったりと違います。

「Micro(マイクロ)SIM」や「nano(ナノ)SIM」とかいてある場所を探しましょう。

SIMカードには挿入する方向が決まっているので、間違った方向で無理やり挿入すると壊れるので注意してください。

パソコンやスマホにWiMAXのパスワード入力して接続

SIMカードを無事セットできたら電源をいれましょう、あとはスマホやパソコンにWiMAXのパスワードを入力して終わりです。

パスワードは「情報」の中にある「SSID情報」に記載があって、だいたい15桁前後の少し長めのパスワードに設定されています。

SSIDというのがスマホやパソコン側のWi-Fiをオンにしたときに表示されるWiMAXの名前です。そこにパスワードを入力して接続できればOK!

BroadWiMAXを2台契約するなら「初期費用割引キャンペーン」

 

複数台契約キャンペーンよりも「追加契約」の方がお得

 

Broad WiMAXの最初の請求金額、初期費用

私が契約した最初の請求金額は、初期費用込みで5,136円でした。

初期費用の20,366円(税込み)はオプション加入で0円になっていて、オプションの安心サポートプラスの料金と事務手数料3,000円が合算されています。

6月、7月は2,944円で8月から通常の利用料金で3,684円になりました。

移動中にyoutubeや映画をみる、音楽をダウンロードするなど、使ってみて感じますが、無制限で3,684円は安いです。

毎月の通信量を気にしない、通信費を抑えられるので本当におすすめです!

BroadWiMAXをwebで契約するメリット

インターネットだけで契約、審査ができるweb申込について、私が感じるメリットを紹介します。

web申込のメリット
  1. 契約に1時間とか待たなくていい!
  2. 店員と話さなくていい
  3. いちいち外にでないでOK
  4. スキマ時間に申込できる

携帯ショップで働いていて特に感じるweb申込の主なメリットは、「時間」と「手間」です。

休日や新機種が登場するたびにたくさんのお客さんがくるので、どこかの遊園地のように整理券をとって何時間も待つのは日常茶飯事です。

しかしweb申込は「誰とも会わない・話さない」「待つ時間なし」「10分もあればOK」「書類はクレジットカードのみ」「ハンコやサイン不要」と店頭契約の嫌な部分をすべて解消といってもいいです。

待つのが嫌、店員とのコミュニケーションが面倒、自分で物事を決めたいという人はweb契約が向いていますよ!

BroadWiMAXのwebで契約するデメリット・注意点

ただweb契約はいいことばかりではなく、人によってはおすすめできない場合もあります。

web申込のデメリット
  1. 契約内容を説明してもらえない
  2. 「今すぐ」機種を受け取れない
  3. 故障や不具合のときに電話相談のみ

お店にいくことがないweb契約は、当たり前ですが誰からも説明を受けません。ホームページや他サイトをみて自分で判断する必要があります。

すぐに契約できる、休憩時間にスマホからと手軽なweb申込は、自分で調べられない人や優柔不断な人には向いていないかもしれません。

BroadWiMAXの契約手順まとめ

店頭でスマホなどを契約するとき、1時間待った経験がある人は多いと思いますが、web申込なら10分もあれば終わるほど簡単でスピーディです。

契約手順にそって契約してみて、「えっ?これだけ?」となった人も多いんではないでしょうか。

これで無事に審査を通過して端末が届いたら、通信費を抑えることができますが、Broad WiMAXだけでなく格安SIMのマイネオとの合わせ技でさらに安くすることができます!

長くなりましたが、Broad WiMAXでよいネット生活をお送りください!