エリア

BroadWiMAXが急に繋がらない!室内で圏外になる!その理由と対策方法

ポケットWi-Fiを使っていると、急に「インターネットに接続できません」とスマホやパソコンの画面がエラーになることがあります。

急に繋がらなくなると「えっ!?故障?」と心配になるときがあると思いますが、携帯ショップで修理受付していて本当に故障しているケースは少ないです。

今回は急に繋がらない原因とその解決策を修理受付しているショップ店長の私が教えます!

この記事の目次

BroadWiMAXが急に繋がらない理由と解決策

まずは急にBroadWiMAXが繋がらなくなる理由と解決策を解説していきます。

繋がらなくて焦ることもあると思いますが焦らずにどれかに該当すると思うので解決の参考にしてください。

急に繋がらない原因①電波が弱い

ポケットWi-Fiは携帯と同じで持ち運びできるのが便利ですが、場所によって電波が入りにくい場所があります。

圏外にはなっていないけど電波状況が1~2本だとしっかりとWiMAX電波を受信できていない状態です。

そういった状況のときは接続が不安定なので読み込みに時間が掛かったり「インターネットに接続できません」となることがあります。

電波が3~4本入る場所に移動する

まずは電波状況のいい場所にWiMAX端末を移動させることを考えましょう。

最低でも端末の電波表示が3~4本ないと電波の受信が弱いく急に繋がらなくなったり読み込みに時間が掛かってしまいます。建物や家の中で窓際にいくと電波が回復したり、隣の部屋にいったら改善することがあるので試してみましょう。

パラボラアンテナで電波を増強する

端末を動かすことができない場所で電波状況を改善したい場合は、電波を増強させるパラボラアンテナを使うのもありです。

パラボラアンテナを使うと散らばっている電波を1点に集中させることができるので、効果的に電波を強くすることができます。

キッチンにあるボウルやざるにアルミホイルをくっつけるだけで作ることが可能なので、部屋で電波が弱く繋がりにくい場合は試してみましょう。

急に繋がらない理由②WiMAX提供エリア外にいる

繋がらない原因でそもそも「圏外」ということがあります。特に車や電車などで移動しているとさっきまでサクサク通信できていたのにいきなり圏外になることがあります。

地下鉄に乗っていると駅と駅の間のトンネルで急に圏外になることがありますが、そのときは電源を入れ直したり場所を移動しても圏外のままです。

WiMAXエリア内に戻るしか方法なし

圏外になってしまった場合電波を回復させるにはWiMAXの提供エリア内に戻るしか方法はないので、電波を受信できる場所を探す必要があります。

電車や車で移動中であればエリア内に移動する、建物内や部屋で圏外になってしまった場合は窓際や別の部屋で電波が入るところを探すしかありません。

急に繋がらない理由③本体設定でスリープモードになっている

最近の新しいWiMAX端末には「スリープモード」という一定時間使っていないと電源が落ちる省エネ機能が搭載されています。そのため電源入れていたのに「あれ?Wi-Fiに繋がってない」ということがちょいちょいあります。

電池持ちがよくなる機能なのでムダに電池を消耗したくない人にはいい機能なんですが、常にスマホやパソコンに接続してい置きたい人にとっては不要な機能です。

スリープ機能をOFFにして常に接続可能にする

使いたいときにWi-Fiに繋がっていないのが嫌であればスリープ機能をOFFにして常時Wi-Fi接続可能にしておきましょう。

端末ごとに設定方法が違いますが、WX04であれば「eco設定」で切り忘れ防止タイマーをオフにすることで、ユーザ操作がない状態で一定時間(約60分固定)経過後に休止状態にするのを防げます。

急に繋がらない理由④周波数2.4GHzと5GHzの切り替え中はWi-Fi接続が切れる

WiMAXは2.4GHzと5GHzの2種類の周波数を切り替えて使うことができるんですが、2.4GHz⇔5GHzでの切り替え中は一旦Wi-Fiの接続が切れてしまいます。

特に2.4GHzから5GHzに切り替える場合は利用チャネルを端末を検索するので、1分ほどWi-Fiに接続ができません。

周波数の切り替えは自分で操作をしない限り行われることはないのでWi-Fiの接続を絶対に切りたくない状況のときは周波数の切り替えをしないようにしましょう。

急に繋がらない理由⑤スマホやPCとWiMAX端末での接続不良

WiMAX端末の電波が4本でスマホやパソコンが接続できているのに急に「インターネットに接続できません」と表示される場合は、本体の故障の可能性もあります。

正直あまり本体が故障することはないんですが、ポケットWi-Fiは精密機械なので落とした衝撃やそもそも初期不良ということもあるので、使える状態で急に接続できないことが続いたら故障を疑いましょう。

スマホやPCのWi-Fi機能をオンオフ・WiMAX端末を再起動

電源が入っていて電波や接続に問題がない場合は「電源を入れ直し」してみましょう。

WiMAX端末に限らずスマホや携帯といった機器で不具合が生じたときは電源を入れ直すことによって症状が改善されることが多いです。

電源を入れ直してWi-Fiの接続が戻っても、頻繁に同じ不具合が起きるようであれば端末の初期不良の可能性があるので購入店舗に相談してみましょう。

WiMAX側での電波障害

端末や契約内容に問題がなくスマホやパソコンも接続できていても「インターネットが使えない」ことがあります。

電源を入れ直してもダメ、初期不良なのかと疑いたいですがWiMAX側のシステム障害や災害による基地局のエラーの可能性もあります。

そういった電波障害児にはWiMAXの公式サイトにお知らせが掲示されるので端末の調子が悪いときは念のため確認しましょう。WiMAX側の障害で繋がらない場合は復旧されるのを待つのみとなります。

BroadWiMAXが室内で圏外になる理由と解決策

ドコモやau、Softbankを使っていて室内で圏外になることはあまりないですが、WiMAXは建物内や自宅といった室内で圏外になることがあります。

なんでWiMAXは室内で圏外になるのか?圏外を解消する方法はないのかを解説していきます。

室内で圏外になる理由①WiMAXの電波は障害物に弱い

携帯やスマートフォンでよく使われている電波の種類は「LTE」という電波で、遠くまで届く・障害物に対して回り込む性質をっ持っています。

それに対してWiMAXは高速通信が可能ですが、通信可能エリアが狭い・障害物にあたると跳ね返る性質をもっているので室内でも圏外になることがあるんです。

電波が受信しやすい窓際などの場所に置く

WiMAXが室内で圏外や電波が弱い場合は、端末をもって電波状況がよくなる場所を探しましょう。比較的電波が入りやすい場所は窓際で外との障害物がないところです。

三重県の離島に遊びにいったとき、基本的に圏外だったのですがホテルの部屋の窓際のカーテンレールに吊るしたら電波4本入ったこともあります。

室内で圏外&弱くなる理由②電子機器と干渉している

電子機器には周波数が振り分けられていてWiMAXの周波数2.4GHzは電子機器でよく使われている周波数帯です。

電子レンジも同じ2.4GHzの周波数を採用していて強力な電磁波を放つので、WiMAXを同時に使うことで干渉してしまい圏外になったり通信が遅くなったりと影響がでます。

集合住宅の場合、自分が使っていなくても隣の部屋で電子レンジを使っていて干渉することもあるほどです。

干渉しない周波数に切り替える

他の電子機器との干渉を避ける方法はWiMAXの周波数を2.4GHzから5GHzに変更することで改善できます。

WiMAXは2.4GHzと5GHzの2種類の周波数を本体設定で切り替えることができるので、干渉しやすい2.4GHzではなく周辺機器で使われていない5GHzにすることで干渉を防げます。

5GHzは近距離での使用に向いている周波数なので、私は手元に機種を置いて使える状況のときは基本は5GHzにして使っています。

電波が入らない、接続できないときは故障の可能性あり

家でずっと圏外の場合そもそもエリア外の可能性が高いですが、日ごろは電波が入っているのに急に圏外になったり、スマホと接続はできているのにネットに繋がらないときは故障もあり得ます。

繰り返し起きるなら交換、修理

どこの場所でも常に圏外になってしまったり、ふと気づくと接続が外れているときは一旦電源を入れ直しましょう。

なにか端末で不具合がでても一時的な症状の場合が多く、電源を入れ直したり電池パックを取り外して再起動することで改善されることが多いです。

頻繁に起こる、電源を入れ直しても改善されない場合は購入したお店に相談しましょう。修理や交換といった対応をしてくれる可能性があります。

繋がらなくなったときの携帯ショップでの解決手順

急に繋がらない!接続が頻繁に切れる!なんかエラー表示でたという場合は「えっ!?故障じゃない?」と不安になることもあると思いますが、店舗に行く前に故障かどうかを簡単に自分で判断する方法を紹介します。

携帯ショップで修理受付をするときに故障なのか一時的な症状なのか切り分ける方法なので、お店に行く前に自分で試してみましょう!

①原因が本体かSIMカード、利用環境なのか原因を特定する

まず故障なのか、利用環境による一時的なものなのか切り分けることをしましょう。考えられる故障箇所は2つと利用環境による一時的なエラーの計3つあります。

  1. 本体の故障
  2. SIMカードの故障
  3. 利用環境の一時的なエラー

どこが悪いのか特定することができれば初期不良なのか使用での故障なのか、一時的なエラーなのかを判断することができるので、販売店に相談するときも話が通りやすいです。

①繋がらない原因は本体の故障の可能性が高い|電源を入れ直してみる

まずなにかエラーが起きて1番最初に疑うのは本体の故障の可能性で、そのときにやることは「本体の再起動」です。電池パックが外せる機種の場合は電池パックを外しましょう。

電波が入らない、接続できているけど通信できない等の症状があっても、本体を再起動しただけで改善されることは多いです。たったそれだけでエラーが回復するのでお客さんも「それだけ!?」といわれる人が多いくらい簡単です。

電源を入れ直しても改善されない場合は次の「SIMカードの抜き差し」を試していきます。

②電源を入れ直しても繋がらない場合はSIMカードの故障も|抜き差ししてみる

電源の入れ直しでも症状が改善されない場合、電波を受け取るSIMカードに問題がある可能性あるのでSIM抜き差し&電源を入れ直しします。

SIMカード電話番号を特定するためのIDが記憶されているカードで通信をするためには必ず必要になります。そのため電源を入れ直しても電波が入らない、接続が悪いとSIMカードの故障の可能性が出てきます。

SIMカードを抜いてティッシュなどで乾拭きして、SIMカード挿入口をエアーなどで掃除して差し直してみましょう。

③どっちをやっても改善できない場合は故障で繋がらない可能性あり

本体の電源を入れ直してSIMカードの抜き差しをしても改善されない場合は、本体かSIMカードの故障の可能性が高いです。

ここまでやって改善されなければお店に「電源入れ直した&SIMカード抜き差しした」けど改善されませんと伝えましょう。購入時期によって交換か修理対応になるので店頭に来るように言われるのでいきましょう。

お店でも同じことをして症状の改善ができないか確認します。

他の機種にSIMカードをいれて通信できれば本体が悪い、SIMカードを他端末に入れてもダメならSIMカードが故障しているとなります。

修理受付できるお店には故障切り分けようの端末があったりするので、この切り分け方法はお店に任せましょう。

パソコンやスマホ側に問題がある場合もある

Wi-Fiが急に繋がらなくなったときに「WiMAX端末に問題」があると決めつける人もいますが、意外とスマホやパソコン側の調子が悪い場合もあるので注意しましょう。

自宅で他の機器に接続して試すのも忘れずにやりましょう!

店頭で電源の入れ直しとSIMカードの抜き差しをして問題が解決できることも多いので、「くそ!なんなんだ!!」と怒る前にお試しください。お店の人も不良品を販売したくてしているわけではないのでご了承ください!

詳細ページ公式ページ