キャンペーン・特徴

Broad WiMAXの8日以内キャンセルの初期契約解除制度とクーリングオフの違い

BroadWiMAXを契約したけど「電波が弱い」「速度が遅い」「やっぱりポケットWi-Fiじゃない」となったら解約を考えると思いますが、解約だと解約金がかかるから嫌だ!という人は多いです。

お店で説明を受けて契約したのでクーリングオフの対象外と販売員から言われて泣く泣く解約金を払った人もいると思いますが、そういったケースが多かったため法改正されました。

端末到着日から8日以内であれば解約金を払わずにキャンセル可能の「初期契約解除」。今回は契約後に「やっぱり契約を解消したい!」という人を救う制度を紹介します。

BroadWiMAXの8日以内キャンセルとは?初期契約解除制度について

BroadWiMAXは8日以内に申告すれば解約金なしで解約することがでるんですが、その施策内容は「初期契約解除制度」と言われる法令です。

一定の範囲の電気通信サービスの契約について、契約書面の受領日を初日とする8日間※ が経過するまでは、電気通信事業者の合意なく利用者の都合のみにより契約を解除できる制度です。

総務省HPより

クーリングオフはなんとなく知っている人は多いと思いますが似た制度です。

WiMAXなどの通信契約はクーリングオフ対象外となっていて消費者が契約を解除するには解約金を払うしかありませんでした。

クーリングオフ対象外のサービスに申し込んだあとに「やっぱりいらない!」と後悔した消費者を救済することができる初期契約解除が平成28年5月21日からスタートしたんです。

クーリングオフはどんな制度だっけ?

クーリングオフは訪問販売や電話勧誘販売などの不意打ち性の高い取引やマルチ商法、内職商法などの複雑な取引について、申込みや契約をした後一定期間消費者が考え、やはり契約をなかったことにしたいときに無条件で消費者が契約を解除することができる制度です。

ちなみになんでもかんでも契約したものをクーリングオフできるわけではないので注意が必要です。

自分から店にいって好きなものを買ったりホームページを見て自分で判断して申込む通信販売は、クーリング・オフの対象外となっています。

そのため携帯やWiMAX、固定回線を店頭にいって自分で機種を選んで説明を受けて申し込んだのも対象外。よく店頭でちょっと細かいお客さんはクーリングオフできるの?と聞いてきますが、そういった理由から対象外です。

クーリングオフと8日以内キャンセルとの違いは?

クーリングオフと初期契約解除制度の違いを簡単にいうと「初期費用の負担をする必要あり」なのが初期契約解除制度とクーリングオフの大きな違いです。

クーリングオフは完全に契約をなかったことにする制度なので消費者が支払うお金は基本的にはないんですが、通信など自分で申し込みをしたサービスを解除する初期契約解除制度は自分側にも落ち度があるので諸費用を負担する必要があります。

  • 事務手数料
  • 通信費や料金
  • 端末代金
  • 工事料

BroadWiMAXの場合は端末代金と工事料は掛からないので無視していいんですが、事務手数料や月額料金の支払いは必要です。そのかわり解約金なしで契約を解除することができるんです。

クーリングオフ対象外だった通信契約でのトラブルが多いためこのような救済措置がスタートしました。申し込みもとても簡単なので紹介していきます。

BroadWiMAXの8日以内キャンセル(初期契約解除)の申込方法

BroadWiMAXで8日以内キャンセル(初期契約解除)をするにはお客様専用のサポートサイトにログインして詳細を確認する必要があります。

サポートサイトにログインするには開通のお知らせに記載のある契約IDとパスワードが必要なので事前に確認しておきましょう。

サポートサイトの各種変更の中に「契約解除について」の項目があるので、初期契約解除の詳しくはこちらにアクセスしましょう。具体的にどうしたらいいのかわかりやすくなっています。

初期契約解除は電話申告か書面送付でキャンセルできる

8日以内キャンセルをする方法は2つ、「電話で申告」か「書面送付」です。

電話で初期契約解除を申込む手順

  1. Broadサポートセンターに電話する

電話で名前を伝えて契約が確認できれば特に理由を聞かれることなく手続きをすることができます。よくある引き留めなどもないので手っ取り早くキャンセルしたい人におすすめです。

書面でキャンセルする手順

  1. 書面をダウンロード
  2. 必須事項を漏れなく入力
  3. サポートセンターに書面送付

初期契約解除申請書という指定のフォーマットをダウンロード、印刷して契約IDや契約者名、住所などの必須項目を記入してサポートサイトに送付します。

BroadWiMAXの人にキャンセルする旨を伝えるのが面倒、ちょっと気が引けるという人に書面での契約解除がおすすめです。

簡単、確実、スピーディーにキャンセルできるのは「電話」

Broadサポートセンターに電話をするか指定のフォーマットに必須事項を記入して送付するかのどちらかでキャンセルすることができますが、おすすめは電話でのキャンセルです。

電話での解約をおすすめする理由

  1. 印刷して送付するのが面倒
  2. 記入間違いの可能性なし
  3. 書面が届かないことがない
  4. 確実に手続きが進む

電話はBroadサポートセンターのオペレーターにキャンセルすることを伝えるので、BroadWiMAX側の不備がない限り確実にキャンセルの手続きが進みます。

電話でのキャンセルのやり取りは10分もあれば終わるので、お昼休みや移動中などのスキマ時間でキャンセルの手続きをしたい方でも大丈夫。

しかし携帯などの通信系の問い合わせ窓口は常に混んでいて電話が繋がりにくいので、イライラすることもあると思いますがスピーカーにして繋いでおくのがおすすめです。

電話が嫌な人は初期契約解除申請書を送付してキャンセル

電話が繋がりにくい、キャンセルを人に伝えるのがなんか嫌だという人は、商品を受領した日から起算して8日以内に申請書を発送しましょう。

指定のフォーマットをダウンロードして印刷、住所や契約IDや名前を記入して端末などの付属品と一緒に送付するだけですが、注意しないといけないのが「記入間違い」です。

書類に不備があると正常に初期契約解除の手続きが進まずキャンセル出来ない可能性があります。書面送付を利用してキャンセルする場合は記入内容に間違いがないか確認しましょう!

初期契約解除申請書のフォーマットをダウンロード

BroadWiMAXで初期契約解除をするには指定のフォーマットに必要事項を記入してサポートセンターに送付する必要があります。初期契約解除申請書は「初期契約解除について」の中にリンクがあってそこからダウンロード可能です。

記入する内容は難しいことはなく

  • 契約ID
  • 契約者名
  • 契約電話番後う
  • 契約住所

のこの4つだけです。間違いのないように確認しながら記入しましょう。

BroadWiMAXの8日以内キャンセルするときの注意点

8日以内ならキャンセルできるよ!と聞くとなにかあったらキャンセルすればいいんだと安易に考える人もいるかもしれませんが、初期契約解除をするのに少し注意点、覚えておくべきことがあります。

初期契約解除の注意点

  • 端末・保証書・箱などの一式返却
  • 申請日から7日以内に返却しないと損害金2万円
  • 端末到着日から8日以内に初期契約解除の申請
  • 返送料はユーザー負担
  • 契約事務手数料はかかる

まず1番重要な注意点は、初期契約解除は端末受取日から8日以内という期限が設けられているのでその期限内に申告しないといけません。

端末到着後から1か月後にキャンセルしたいと申し出てもそれはただの解約になります。お店側としてもお客様なにをいっているの?ということになるので期限は守りましょう。

続いて重要な注意事項は端末や付属品、箱など一式の返却を申請日から7日以内にサポートセンターに到着させないといけません。

7日以内に発送すればいいんじゃなくて「到着」が条件となっていることが注意点です。万が一付属品などの到着が遅れると損害金として2万円請求されます。

8日以内にキャンセルできる!キャンセル前提で契約しちゃえ!という勢いで契約して失敗すると解約金や損害金で損をするので気を付けましょう。

キャンセル時に端末や付属品など一式返却が必要

BroadWiMAXをキャンセルした場合、手元にある端末はもちろんSIMや保証書や箱、充電USBケーブルなど付属品一式すべて返却する必要があります。

解約のときは違約金を支払っているので端末やUSBケーブルなどの付属品を返却する必要はありませんが、キャンセルは解約金免除で契約をなかったことにするので機器の返却が必須です。

万が一、機種が入っていた箱や保証書を捨ててしまった場合は「機器損害金」として2万円請求されます。

初期契約解除では事務手数料などが掛かりますが、端末やUSBケーブルを転売して利益を得ることが可能なので機器の返却がない場合のペナルティが設定されているんです。

詳細ページ公式ページ